シックハウス症候群で全身が痒い

引っ越してきてからカビやダニなどの原因によるアレルギー性皮膚炎による痒みに悩んでいます。
痒み止め軟膏を塗ったり、意識的に掻き毟らないようにしているのですが、ふとしたきっかけで患部に刺激があると触り出してしまい、いつの間にか掻き毟っています。
無意識に掻いていて、気付いた時にボロボロになった皮膚をみて罪悪感を感じます。

いろいろな試行錯誤の結果、なるべく痒みが気にならないような、他の感覚によるマスキングが効果的だと気付きはじめました。
例えば音楽を大音量で聞いて体を動かしていたりすると、痒みよりも意識が音楽に向いて痒みの感覚に気付かない等です。
他にも音楽を聴きながら料理したり時間に追われる作業をしていると、掻き毟らずにいられたりします。

しばらく掻かいでいると炎症が落ち着いてくるので、保護クリームで刺激からカバーするなどの予防策を講じます。
この一連の流れで隙間なく行動することで、少し皮膚炎が収まってきたように思います。

私は夫の言動や行動でストレスを感じるようになりました。
よくブログや漫画で観るようなモラハラ夫とまではいきませんが、それに近しい発言等々があります。
なるべく聞き流すようにしていますが、あまりにも腹が立つ時は私も反応してしまい、そこから喧嘩に発展します。
喧嘩になると今までため込んでいたものが爆発するので、余計に腹が立ち喧嘩が落ち着いた後でも数日はイライラが抜けません。

そんな私のストレス発散方法は大好きな宝塚歌劇団を鑑賞することです。
夫と結婚する前から好きで一人で観劇に行くほどでしたが、結婚し現在は子供もいるので家族が寝た後にこっそりリビングで観ています。
宝塚に出てくる男役の方は女性が理想とする男性像をそのまま演じられているので、まさに癒しの時間です。

鑑賞後数日は穏やかな気持ちで過ごすことが出来ます。
夫のストレスや喧嘩がない日も時間を見つけて鑑賞し、なるべくストレスをため込まないようにしています。

よりキレイを目指す“あなた”にお奨めしたいスーパーフードドリンク♪