楽しみながら3キロ減量!サイクリングダイエット

アラサーになってからじわじわと体重が増え、ジム通いを始めるも、なかなか結果が出ない日々が続いていました。

ジムでダンスやヨガのクラスに参加するのは楽しいけれど、やっぱり痩せるにはランニングマシーンやエアロバイクのような有酸素運動が必須。

それも、脂肪が燃焼し始めるのは20分後からなので、最低でも30分以上のは続けないと効果が薄いそう。

しかし、飽きっぽい私は、ジム内の同じ景色を見つめながら、ひらすらランニングマシーンで走ったり、エアロバイクを漕ぐのが苦手。

音楽を聞いたり、動画を見たりと工夫してみるもイマイチ続かず。思い切って、運動を室内から屋外に変えることにして、クロスバイク を購入!自転車でのダイエットに挑戦することにしました。

晴れた日に、サイクリングロードを中心に走ったり、目的地を決めて観光がてら走ったり、楽しみながらダイエットすることが出来ます。

無料のアプリをインストールすれば、走った距離や時間が計測されるため、モチベーションもアップ。

ジムの室内でひたすら走ったり、エアロバイクに乗るのはきついけれど、景色を楽しんだり、風が気持ちよかったりして、2?3時間はあっという間。

その上、600?800キロカロリーという大量のカロリーを消費することができるのです。

日常のこまめな移動もクロスバイク に変えて、食事制限は一切しないまま2ヶ月で3キロのダイエットに成功しました!

自転車を漕ぐと、足が太くなるのでは?と心配な女性もいるかもしれませんが、競輪選手並みのトレーニングでもしない限り、足が太くなることはありません。

むしろ、太ももやハムストリングが引き締まり、お尻の筋肉も鍛えられるので、ヒップアップにも効果的です。

また、運動後にはプロテインドリンクを必ず飲むようにしています。肌や髪、爪などを健康的に美しく保つためにも、タンパク質は大切な栄養素です。

最近ではコンビニなどでも手軽に購入できるようになったので、積極的に活用しています。

サイクリングダイエットを始めて2年以上が経過した今、私にとってサイクリングは、ダイエットというよりライフスタイルの一部になっています。

ダイエットに大切なのは、一時的に激しい運動をして減量することではなく、自分のライフスタイルに合った運動を長く続けることだと思います。
http://atata.sakura.ne.jp/

睡眠不足から解放してくれた「数独」

数か月前より熟睡できなくなり、睡眠不足のためストレスを感じるようになりました。
熟睡できなくなった理由はわかりません。
突然眠れなくなりました。
元々、どんな環境や状況でも五分間あれば眠れる体質でした。
睡眠不足に悩まされる人の話を聞くたびに、可哀そうにと同情する側の人間でした。

仕事をしていますが、それは以前からと同じ仕事です。
結婚もしていましたし、周りの人間関係が変化したわけでもありません。
ですが、何故か一時間目を瞑って寝ようとしても眠れなくなったのです。

苦痛でした。
睡眠不足になり、仕事や家事には集中できない時間が増えました。
集中できない時間が増えるほど、苛々する時間も増えてストレスが溜まっていきました。
ある日、職場の人間が「数独」にはまっていると話をしているのを耳にしました。
以前、したことがあるものでしたので、書き方や解き方も知っているものでした。
精神的に苛々しており、何かストレスを発散させる方法は無いかと探していました。

このため何気なく、少しは暇つぶしになるかもしれないと思い、「数独」の雑誌を購入して始めることにしました。
これが意外に当たりでした。
問題を解いている時間は余計なことを考えなくていい。
問題が難しくなればなるほど、頭を使うため睡魔が自然と襲ってくるようになりました。
今までは、どんなに眠気があって眠りたいと思っても中々眠れなかった私。

それが、「数独」をしていると気が付いたら寝ていて、その後も頭がすっきりするくらい熟睡できていたのです。
それからは毎日、就寝時間前に「数独」を解くように習慣にしました。
始めは熟睡できても二時間ほどで起きてしまいました。
ですが、徐々に熟睡する時間が伸びていき、気が付けば以前とほとんど変わらないほどの時間を眠れるようになっていました。

睡眠不足が解消され、自然と仕事や家事にも集中力が戻っていました。
寝不足の時は失敗していたことや、ちょっとしたミスも無くなり、他人に対しても苛々することが減りました。
「数独」のおかげでストレスが軽減したのです。
とても嬉しかったです。
今では、趣味として定着しています。

美意識向上のためならコチラ!

仕事の疲れを癒す私自身の秘訣について

ストレスを感じる様になった原因は、日々の仕事規定勤務時間をオーバーしなければ、
とてもこなせる仕事ではなく、しかも人数が少人数のため、体調を崩して休むなどの事が出来ない事が多い為です。

基本的に人の話を聞く、カウンセリング的な仕事をしておりますが、相手に自分の中の全神経を集中させることが必須なので、
自分の心を殺している事が多く、相手の悩みには意識を向けますが、自分の中で感じている、心の叫び、
自分にも意識を向けて欲しいという心を、無視しているために、ドンドンストレスが溜まってきていることを実感しております。

私自身日常的に仕事以外の時間の確保が難しく、ストレスの発散をする方法が中々ないのですが、
帰り際にコンビニでお菓子を食べて発散したり、帰った後にはビールなどの酒類を楽しみながら、発散するようにしております。
また、たまの休日にはパチンコに行き、息抜きをする様にしております。

やはり、精神的に安定する事が分かりますが、一方でお菓子は食べすぎ、お酒は飲み過ぎになりがちで、
何でもやり過ぎると、次の日に身体が重くなってしまったり、かえってストレスを溜めてしまう原因をつくっているようにも感じております。
また、パチンコも出れば良いですが、調子が悪い時が続いて、玉が出ないと負けがかさみ、
ストレスが余計に溜まる点と思いがけない金を使ってしまったという罪悪感が湧いてきます。
上記の様なデメリットは多くありますものの、やはり上記のストレス解消方法が無ければ、心が安定せずに、とても仕事を続けること等出来ないと思います。

そのストレス発散をしている時は、全てを忘れて心が解放されるような気持ちになります。
また、それを楽しみに仕事を頑張るという気持ち、モチベーションを高める効果もありますので、引き続き継続してしまうと思います。
何事も程々にしなければいけないと思いますので、仕事とストレスのバランスを考えながら、今後も頑張っていきたいと思います。

美意識向上のためならコチラ!

混合肌で、目ものと乾燥とTゾーンのテカリが気になる!

私の肌は、混合肌で、目元や口元は乾燥するのに、Tゾーンや上頬はテカリが出てきやすい肌で、スキンケア に困っていました。

長年悩んだ末にたどり着いたのは、洗顔やスキンケア では、しっかり保湿できる潤いタイプのものを使用し、メイクの時にテカリが気になる部分に皮脂崩れ防止のメイクをすることで、肌全体は保湿ケア、テカる部分はサラサラを保てるようにすることでした。

保湿タイプやサラサラタイプのスキンケア用品を試してみて、化粧水や乳液などのスキンケアだけでは乾燥する部分と皮脂が出やすい部分を、両方ケアすることはできないと分かりました。それではどんなスキンケアを使っているかご紹介します。

まずは洗顔後、ブースターとしてメルヴィータのアルガンオイルです。ベタつかず肌を整えてくれるので、後からの化粧水と馴染んで浸透を良くしてくれます。化粧水と乳液は無印良品の、敏感肌用美白化粧水・乳液高保湿タイプです。アルコールフリーで肌馴染みがよく、スッと吸収されていきます。それなのにもっちり肌になり、高価ではないので量を気にせずたっぷり使えます。

その後はメイクです。先ほどたっぷり保湿をしたので、このままではお昼頃にはおでこや眉間、鼻はテカテカになってメイクも落ちてきてしまいます。最近はマスクもするので蒸気で余計に水分が肌に残りドロドロしてしまいます。そこで、まずはベースにTゾーンやテカリが気になるところだけプリマヴィスタの皮脂崩れ防止下地を塗ります。

そのほかの部分は色味が似ているRMKの下地を塗ります。さらに気になる時はエテュセのオイルブロックベースを皮脂の出やすい部分に重ね塗りします。あとは普通のメイクをするだけ!

これで、肌全体はしっとりもっちり肌に、皮脂が多い部分も夕方までテカリ知らずのお肌の完成です!

個人的にはメイクキープスプレーも使用したのですが、マスクの蒸気に負けやすいのと、メイク直しの時にパウダーを重ねると、スプレーが粉状になってしまい直し辛かったのでこの方法にしました!混合肌の皆さん、ぜひ試してみてください!

https://ravenz.net/

足をしっかりと引き締めてくれる着圧レギンス

私が着圧レンギスを使うようになったのは、社会人になって5年目くらいのことでした。
学生時代から周囲では「むくみ」について話が出ていましたが、正直自分の足がむくんでいるのかいないのかわからず、あまり興味がありませんでした。

社会人になって販売業務についたのですが、毎日パンプスで13時間近く立ち続ければ流石に私も「むくんだ」とわかるほどにパンパンに足が太くなりました。
スーツのスラックのふくらはぎ部分が吊り上がるほどだったので、相当なむくみかたでした。
それでも最初はマッサージやストレッチで凌いでいましたが、忙しくなりマッサージやストレッチが疎かになると痛みが出るほどになりました。

5年ほど経った時、仕事中に経っていられないほどの激痛がはしり、バックヤードに運ばれ足を見ると、パンパンにむくんだ上に紫がかっていました。
足を触ると冷たく硬くなっていました。手でマッサージをしたりカイロで温めて、痛みはうっすらなくなりましたが、むくみが治ることはありませんでした。
騙し騙しでなんとか退勤時間まで勤めて、その日は入浴時間を長くし、なんとかむくみはマシになりました。

仕事に支障が出たので、仕方なく着圧レギンス を探すことにしました。
学生の時1度だけ、バイト先で着圧靴下をもらったので履いたことがありましたが、こむら返りをおこしてから嫌厭していたので、仕方なくという心情が強かったです。
有名メーカーのものから100円均一のようなものまで試してみた結果、自分に合うポイントがあることに気づきました。
①足の長さと太さが合っているか
②着圧箇所が適正位置にあるか
③単純に圧だけがかかっているのではなく、方向や形はとっているか

厳密に言えば②が合っていれば自ずと①がわか理ます。
最初何も考えずにMかLか2択の商品を選んだ時に、身長はMサイズだったので購入したのですが、太腿とふくらはぎの長さの比率がLサイズであることが判明しました。
Mサイズの頃は必要のない場所に圧がかかり単に苦しかっただけでしたが、Lサイズの時は適所に圧がかかるので、履いていない時より身体が軽いくらいでした。

この法則がわかってからは高級メーカー以外にも安価な商品でも適合する商品を見つけられて、買い物が楽しくなりました。
おまけに身体が温かくなるので、ダイエット効果も出て少し痩せて、毎日が運動しているようなものなので足が締まるようになりました。
思わぬサプライズもあって今では着圧レギンスに感謝しています!

アミュレスリムの口コミと評判を暴露!【写真つき】むくみに効果があるか公式サイト購入で体験!

キレイなボディラインを作ることができる加圧ブラトップ

40代になって高齢出産をし、かなり体型が崩れたと感じています。最初の出産は20代後半でしたのですが、そのときとの差が歴然としています。20代の頃はそこまで努力をしなくても、産後半年もすれば体重も体型もほとんど出産前に戻ることができました。

しかし現在は努力をしてもしてもなかなか戻らないのです。といいますか、さらに崩れていっているのです。お腹周りはタプタプ、お尻もすっかり垂れてしまい、胸はしぼんでしまいハリがなくなり。身体全体が下に下がってしまったという感じです。出産だけではなく、単に年齢を重ねたという理由もあるとは思うのですが、自分で自分の姿を鏡で見ると愕然としました。どうにかしたいと思い、いろいろ試行錯誤しましたが、私は加圧ブラトップにたどり着きました。

時間を作ってエクササイズやストレッチ、マッサージにも挑戦したのですが、とにかく続かないのです。まだ小さい子どもがいると、ほんの少しの時間を作るのも難しいし、高齢子育てに奮闘中ですので、自分も疲れてしまってこれ以上身体を動かす気になれないのです。こんな私には、着用するだけで効果が出るような加圧ブラトップがぴったりなのです。私が愛用しているのは、ボディスーツのようなタイプで胸からお尻までしっかりサポートしてくれるものです。股の部分にホックが付いているので、お手洗いもさっと済ませられます。購入した当時は本当にきつくて着用するのも脱ぐのも大変でした。

でも、着用を続けていくうちに快適な締め心地になってきました。苦しいと感じていたのが、ぴたっと自分の身体にフィットしてとても快適です。夏場も蒸れたり肌荒れをせずに乗り切ることができました。いまでは、この加圧ブラトップなしでは不安になってしまうほどです。外出の予定がないときでも着用しています。デニムも綺麗なラインで履くことができるし、気になっていたお腹周りのたるみと、背中のお肉もしっかりサポートしてくれて目立たなくなります。

自然と自信も持てて、姿勢が良くなり、歩き方も綺麗になったと言われました。そうなると、仕事も順調になり、接客業をしているのですがさらに笑顔でできるようになりました。

グラマラスタイルの口コミと効果を検証!公式サイト購入でくびれと美乳を目指した体験談

ダイエットに大切なのは食事と運動

私は現在49歳になりますが、ダイエットに関しては20歳の頃から常に悩み続けてきました。高校を卒業しまして、トリマーの専門学校に2年間通いまして、実家に帰りまして実家の近くに就職先が無く、フリーターをやっていました。何のアルバイトかと言うと、パーティーコンパニオンのアルバイトです。同じアルバイト先には女子大生が多くみんなきれいでスタイルも良く、私は20歳の頃体重が49㎏有りまして少しぽっちゃりしていました。

それで、きれいになりたくて、かなり過激なダイエットをしました。ダイエット方法は食事制限です。1日に1食しか食べず、ご飯は太るからとパンを1個だけ、とかのきついダイエットでした。そして、ご飯を食べないからひどい便秘になりまして、市販の便秘薬を飲んでいました。しかし、お腹が痛くなるばかりで、大変苦しい思いをしました。おかげで半年ほどで、41㎏までダイエットしまして、パーティーコンパニオンのアルバイトでもリーダーに選ばれたり、努力した甲斐が有りました。

やがて21歳の事ですが、父が亡くなり、私も就職の事を考えるようになりまして、ペットショップの求人が有りまして、面接を受け、ペットショップで働き始めました。そして、実家を出て一人暮らしを始めました。ペットショップだけの給料では生活出来ないので今度は夜、スナックでアルバイトを始めました。収入は良かったのですがお店が終わってから、ママさんに付き合ってラーメンを食べたり、ペットショップでもお菓子をいただいたりしているうちにリバウンドしてしまい、また49㎏に戻ってしまいました。

それが原因ではないですがスナックのアルバイトを辞めて、今度は夜ファミリーレストランのアルバイトを始めました。アルバイト先に大学生の男の子が多く年齢も近く、私はモテるためにまたダイエットを始めました。また過激な食事制限です。こんな風に私は20歳からこの歳まで常に体型には気を付けていました。おかげで、今は食事も3食食べていますが買い物に歩いて行きますので運動になっているのか、42~43㎏を維持しています。ダイエットに大切なのは食事と運動だと思いました。
http://byouki.perma.jp/

三日坊主だったダイエットを成功させた秘訣とは?

大人になるにつれて、痩せにくいなと感じています。

学生の頃は体育系クラブに入っていたので全く気にならなかった体型ですが、歳をとるにつれて体力や基礎代謝力が落ちていくのがわかりました。10代から20代になり、大学を卒業する頃には体系も少しずつふくよかになり、お腹周りの脂肪が気になり始め、一日の活動の中に筋力トレーニングを取り入れるようにしました。

内容としては腹筋と背筋に効くように、上体起こしと背筋トレーニングを始めたのですが学生の頃とは違い体に効いているという実感がなく、痩せにくいなと感じるようになりました。社会人として仕事をするようになり、もうその頃には毎日デスクワークばかりでまるで運動のしない日々が続きました。

筋力トレーニングも三日坊主で、仕事から疲れて帰宅してからではあまり気の進むものではありませんでした。そんな頃から、筋力トレーニングは大変なのでいっそ食事制限をしてしまおうと思い、炭水化物を抜いたり糖質を抜いたり、世の中で話題になっているダイエット法を何度か取り入れてみました。ですがどれも続かずに終わってしまうという時期が続き、少しずつダイエットから意識が遠のくようになりました。

それからしばらく経ち、このままではいけないと思いどうすればダイエットを続けられるのかを考えるようになりました。そこでまずは運動を楽しいと感じられるように、単調なものから音楽を聴きながら楽しめる方法に切り替えました。しばらく体を動かしていなかったため、脂肪が落ちにくくなっていたので、1日のトレーニングの内容を上体起こしなどのピンポイントで筋肉に働きかけるものから、より全体的に体を動かすトレーニングに変え、そうすることで発汗が良くなり、脂肪燃焼効果をより得られるようにしました。

もう1つの三日坊主という悩みはトレーニングの時間帯を帰宅後すぐ始めることで、だらだらと過ごす時間を出来るだけ作らないように努力しています。また食事のバランスも見直し、三大栄養素を意識して摂ることにより内側からも健康的に痩せていこうと考えるようになりました。この方法で、以前よりもすぐに運動しようという考え方に切り替えることができるようになりました。

プリンセススリム

加圧ブラトップは楽にエクササイズできる優れもの

中年にさしかかり、体型に悩みが増えてきました。中年の体型というと、多くの人が思い浮かべるのはお腹周りでしょう。ぽよんとしたお腹周りは中年の象徴みたいなものです。それは分かっていたので、40代からお腹周りには注意を払い、食事や運動に気をつけてきました。
盲点だったのが上半身です。50代になって、上半身の悩みが増えてきました。一番の悩みが猫背です。背中が丸まっているため、首や肩の凝りが酷くなりました。また、胸の感じが老けた印象になってきました。ヨガに通っている友人もいますが、決まった時間を取るのが難しく、加圧ブラトップを試してみようと思いました。 
加圧ブラトップなら、着用しているだけで体幹が鍛えられます。選ぶに際しては、インナーとしても満足いくものであることを重視しました。つまり、ブラジャーとしても気持ちいい使い心地であることを大切にしました。加圧ブラトップの中には、加圧シャツにパッドが付いているだけという品もあるからです。バストをきっちり包んでくれるものを選ぶようにしました。
加圧ブラトップでバストにも心地よい物。そこで、選んだのがノンワイヤーでありながら、谷間もきれいに作ってくれる物でした。谷間を作るには、脇の肉を集める必要があります。谷間に注目することで、質の良い加圧を得ることができます。 
加圧ブラトップを着ているときに、動画を見ながらストレッチをすると、効果が得られやすいようです。自分の好きな時間に効率よくトレーニングできるので、続けることができます。加圧ブラトップを着てストレッチをするのが習慣になりました。1ヶ月経った頃から、湯上りに姿見で上半身をチェックすると脇腹が引き締まってきました。
加圧ブラトップは、楽にエクササイズできる優れものです。背中に自信を失ったとき、加圧ブラトップを着てストレッチすると、自信を取り戻すことができます。気になっていた猫背も、加圧ブラトップを着出して3ヶ月頃から気にならなくなりました。
【口コミ集めたよ】グラマラスタイルの効果を検証!体験レビューも公開中

半年で15キロ痩せたアラサー女のガチ体験談

私は以前に半年で15キロのダイエットに成功しました。その時の経験や気をつけていたことなどを描かせて頂きます。ダイエットの時に気をつけなければならないことはやはりカロリー、もとい栄養バランスの事と運動のバランスです。

人間は皮肉な事にカロリーを落とせば痩せる、運動だけしてれば痩せるという生き物ではなく運動と栄養、二つのバランスがあって初めて健康的、且つ効率的に痩せることができます。 全く運動もせずにカロリーだけ落としては体の代謝が落ちてしまいます。それは年齢を重ねて代謝が落ちてしまった方には顕著に現れるかと思います。では代謝が落ちないようにするにはどうしたらいいのかと考えると、軽くでも運動をして脂肪を燃焼してくれる筋肉を増やす、又は減らさないようにしていき摂取カロリー<消費カロリーのバランスがとても大事です。

では、私がどのように気をつけていたのかと言うと栄養の面ではまずタンパク質です。タンパク質は筋肉を構成する主な要素で、これが不足してしまうと筋肉が減り結果代謝が落ちてしまい痩せにくい体になってしまいます。ですので食事の面では、摂取カロリー<消費カロリーという決まりを守りつつタンパク質の摂取量を落とさず増やしていかなくてはなりません。そのために私が撮ったサプリメントがプロテインとアミノ酸系のサプリメントです。プロテインはタンパク質そのもので、それを体内で分解しアミノ酸にして吸収されます。プロテインは低脂質低カロリーで腹持ちもよく、カロリーコントロールもしつつタンパク質も補給してくれるのでダイエット中は必須と言っても私は過言ではないと思っています。逆にカロリーコントロールができていてもこのタンパク質が不足してしまうと、筋肉が減っていき結果痩せにくいつまり代謝が落ちていってしまいます。

又、運動もするこたが大事なのですが、あまりハードな運動(筋肉トレーニング)を続けていると筋肉が破壊され減っていきます。破壊された筋肉を再構築して大きく強くくれるのはタンパク質なのですが、筋肉の超回復というものがあり破壊されは筋肉が再構築されるまで早くて2、3日かかると言われています。この超回復が完了しないうちにまたハードな運動(筋肉トレーニング)を続けてしまうと、いくらタンパク質を摂取したところで減っていってしまいます。ですので筋肉を減らさない(代謝を落とさない)ために私は、筋肉トレーニングも大事なのですが一日20分以上の軽いジョギングかウォーキングか、筋肉トレーニングを取り入れす際は、トレーニング後2、3日の休息を設けることをお勧めします。

ここまでの話をまとめさせて頂きますと、ダイエットにはカロリーコントロール(タンパク質は減らさない)、軽い運動(筋肉や代謝を減らさない)、筋肉トレーニングを取り入れる際は2、3日の休息を設けるという食事、運動、休息の3点を私は気をつけることで半年で15キロのダイエットを成功させることができました。
フラミンゴレギンスの効果を実感する